治療後の過ごし方

スリムな体

脂肪溶解注射などで痩身治療を受け、それですぐに痩せられるというわけではありません。
治療後の過ごし方次第では、どれぐらいの期間で痩身体型を手に入れられるかが変わってきますので、医師の指示に従って過ごすようにしましょう。治療後に気をつけたいのは、激しい運動や治療部位を濡らさないことです。

医師からも言われることですが、脂肪溶解注射などの痩身治療を受けた後には、しばらく運動を避けて安静に過ごすことが大切です。
というのも、激しい運動をしてしまうと体温を上げてしまい、それによって治療後にあらわれる腫れなどの症状がさらに酷くなってしまう可能性があるからです。
そのため、治療後には激しい運動はせずに、なるべくゆっくりと過ごすことを心掛けましょう。
もし、仕事で動きまわるようなことがあれば、休暇を取るなどして対処する必要があります。

脂肪溶解注射などの切らない脂肪吸引であれば、手術の当日からすぐにシャワーを浴びられるというものも多いですが、切る脂肪吸引となるとすぐにシャワーを浴びるのは難しい場合がほとんどです。
というのも、切る脂肪吸引の場合には、治療後しばらく治療部位を濡らしてしまうのがよくないからです。
治療後しばらくはシャワーを浴びることができないとなると、シャワーを浴びずに仕事へ行くのに抵抗を感じてしまうかもしれません。
長期休暇を取れるといいのですが、なかなか簡単に休暇を取ることはできないでしょう。
ですから、痩身治療を受けるなら長期休暇であるゴールデンウィークなどがおすすめです。
それにより、治療後にあらわれる腫れや痛みなどの症状も安静に過ごすことで和らいでいきますので、早期回復を期待できます。

この他にも、お酒はなるべく控えるなど治療後にはどのように過ごしたらいいのか、気をつけるべきことがありますので、医師に確認しておく必要があります。
医師への確認は、治療を受ける前に行なわれるカウンセリング時に聞くのがおすすめです。
カウンセリングでは、治療に関しての細かい説明を受けることができますので、治療後の注意点などもその際に確認しましょう。