切らずに脂肪は落とせる

体の比較

美容外科では、痩身効果が得られる治療としてさまざまな治療法があり、大きく分けると切る治療と切らない治療があります。
切る治療では、メスを使って皮膚を除去して「カニューレ」という吸引管を使って脂肪を吸引していきます。
こういった治療では、1度の治療でたくさんの脂肪を吸引できるため、一気に脂肪を吸引したい人は切る治療を選択するといいかもしれません。
切る治療としては、ベイザー脂肪吸引やボディジェットがあり、これらの方法を選択することで早く理想の体型を手に入れることができます。
ただ、切る治療の場合はメスを入れる分、皮膚に傷を付けることになりますので、治療後には腫れや痛み、出血などの症状がしばらくみられますので、切る治療の場合はダウンタイムが長いことを理解しておきましょう。

一方、切らない治療では、メスやカニューレを使わずに専用の機械を用いて脂肪を落としていきます。
切らない治療としては、脂肪溶解注射などが挙げられるでしょう。
脂肪溶解注射は、痩せたい部分に注射をして脂肪を融解し、それを排泄などで体外に排出することで痩身効果を得られる治療です。
脂肪溶解注射などの切らない治療はメスを使わない分、ダウンタイムが短いのが特徴で、さらに体にかかる負担も少なくて済みます。そして、切る治療に比べて安全性も高いですから、気軽に美容外科で痩身治療を受けたい人には、脂肪溶解注射がおすすめです。
「切る治療が怖い」という人でも、脂肪溶解注射なら注射をするだけの簡単な痩身治療ですから、それほど怖がらずに治療が受けられます。
美容外科では、脂肪溶解注射で痩身治療を試してみようと考える人も多くいますので、初めて美容外科にて痩身治療に挑戦してみる人は、この治療法を試してみるといいでしょう。